緑内障

緑内障とは

緑内障とは

眼圧が上昇して視神経に異常が起こることで、視野が徐々に狭くなる疾患です。眼が捉えた映像情報を脳に伝える視神経に障害が起こっています。
進行がゆっくりですので自覚症状が乏しいのが特徴です。
40歳以上の日本人のおよそ20人に1人が緑内障に罹患しているとされていますが、9割の人が気付いていません。

緑内障の原因

眼球内の水晶体より前の部分は、虹彩裏の毛様体で作られる液(房水)で満たされています。
この房水の出口(隅角)の障害などのために、房水の排出がうまくいかずに眼内に溜まり、眼圧が高くなり、視神経が障害を受けて視野や視力が損なわれるのが、古典的な緑内障の定義です。しかし現在は、眼圧が正常でも視神経の障害が起こる病態があることもわかっています。
緑内障の発症には、近視眼、糖尿病、家族歴(遺伝)が関係することがあり、これらを有する方は成人病検査のように、眼科定期検査を受けることが望まれます。

緑内障の症状と見え方

緑内障の症状と見え方

緑内障は進行がゆっくりで、また通常、両眼で見て生活をしているため、病状の進行に気付くきにくいです。

初期ではほとんど見え方に支障はありませんが、中期・末期と進行するにつれて視野が損なわれていきます。この変化は治療しても元には戻りませんので、早期発見・早期治療開始が求められます。

緑内障の種類

①原発閉塞隅角緑内障

水晶体と虹彩後面が接触することで房水の出口が塞がれることで発症する緑内障。

②原発開放隅角緑内障

房水の出口に異常がないのに慢性的に房水の流れが悪く、高眼圧状態が続いて発症する緑内障。典型的な慢性緑内障です。

③正常眼圧緑内障

眼圧が正常値なのに、なんらかの原因で発症する緑内障。

④続発性緑内障

ぶどう膜炎・角膜炎などほかの疾患が原因で発症する緑内障。

⑤落屑緑内障

瞳孔の縁が白くなる・偽落屑物質が水晶体表面に見られる続発緑内障。

⑥先天性緑内障

乳児期に発症する先天性の緑内障。生まれつき房水の出口に異常があり、眼圧が高くなって発症します。

⑦発達性緑内障

成長する過程で発症する先天性の緑内障。生まれたときに異常がなくても、数年以内に異常が見られて発症する緑内障。

⑧ステロイド緑内障

ステロイド剤服用による副作用で発症する緑内障。

⑨外傷性緑内障

眼球を打つなど強い打撲が要因となり発症する緑内障。

⑩悪性緑内障

緑内障の手術後に生じる緑内障。

⑪混合型緑内障

さまざまな要因で眼圧が上昇して発症する緑内障。

⑫ポスナーシュロスマン症候群

虹彩毛様体炎と高眼圧によって発症する緑内障。

⑬血管新生緑内障

虹彩や前房隅角に新生血管が作られることで、房水の流れが塞がれて眼圧上昇が起こる緑内障。

緑内障の検査

緑内障の主な原因は眼圧の上昇とされますが、日本人のほとんどが眼圧値に関係なく発症する正常眼圧緑内障です。したがって、眼圧値だけでは判断できず、早期発見・早期治療のためには定期検診を受ける必要があります。定期的に眼の状態を把握しておくことが非常に重要です。欠けた視野など、一度傷ついてしまった視神経は元に戻せません。病気をこれ以上進行させないためにも、定期的な検査を受けてください。緑内障の検査には、眼圧検査・眼底検査・視野検査・光干渉断層計(OCT)検査・隅角検査があります。

眼圧検査

眼圧検査

眼圧とは眼球の張り具合をいい、正常値は21mmHg(水銀柱)と言われています。角膜の表面に眼圧計や空気を当てて測定します。緑内障の検査では、治療の効果の判定などのため必ず行うものです。眼圧が高いということは、風船に例えるとパンパンに膨らんで硬くなっている状態です。

眼底検査

瞳孔を通して眼球内を観察します。視神経乳頭とは、網膜からの神経軸索がまとまって眼外に出るところを眼球内から見た部分を言い、少しへこんだ中心部の形状を観察します。このへこみが大きいと緑内障が疑われます。

視野検査

緑内障は、見えづらい部分が視野のなかで少しずつ広がってきます。その部分がかなり大きくなるまで自覚できないため、眼底検査などで緑内障の疑いがある場合は、視野検査を行います。1点を注視したときに、中心部・周辺部のどれぐらいの範囲が見えているかを片眼ずつ調べていきます。

光干渉断層計(OCT)検査

光を利用して網膜の断層像を得て、視神経線維の状態を調べます。光干渉断層計は非接触のため、患者様にほとんど負担がなく撮影できる最新の画像診断装置です。

隅角検査

隅角(角膜と虹彩の間)は、通常の方法では見ることができないので、隅角鏡を角膜上に当てて検査を行います。隅角の広さを調べて、開放隅角緑内障や閉塞隅角緑内障などの緑内障のタイプを判別していきます。緑内障の眼圧上昇の原因を知るためにも非常に大切な検査です。

伊丹中央眼科での緑内障の治療

一度ダメージを受けた視神経は回復が見込めません。緑内障の治療においては、これ以上病状が進行しないこと、視神経の損傷を抑えることが最優先です。治療方法は、点眼薬を用いた治療と、レーザーや手術による外科的治療があります。緑内障の原因を特定して、眼圧を下げる治療を行います。

点眼薬を用いた治療

これ以上視野障害が進まないように、点眼薬で眼圧を下げます。点眼薬には、房水の産出を抑制するものと、房水の排出を促進させるものがあります。患者様の病状に適した点眼薬を処方し、眼圧低下を図り、病状の進行を抑えます。検診で異常を指摘されたり、近視・糖尿病・緑内障の家族歴がある方は、必ず眼科を受診してください。緑内障は早期発見・早期治療開始が大切です。ご不安なことがありましたら、お気軽に伊丹中央眼科にご相談ください。

外科的治療
(レーザー治療・手術治療)

外科的治療(レーザー治療・手術治療)

伊丹中央眼科では、最新のレーザー装置により虹彩切開術および選択的レーザー線維柱体形成術(SLT)を行っています。虹彩切開術とは、虹彩の付け根部分に小さい穴を開けて、房水の排出路を作り確保する治療法で、閉塞隅角緑内障の急性発作時の治療や、発作の恐れがある場合の予防治療として用いられます。選択的レーザー線維柱体形成術(SLT)は、房水の流出の抵抗となっている隅角の色素細胞をレーザーでつぶして、流出抵抗を減らし、房水の流出を促進するものです。このため眼圧を下げる効果が見込まれます。合併症のリスクも非常に低く、副作用もまずありません。