検査・治療機器 

Optos
(超広角走査型眼底カメラ)


網膜の約80%(画角200度)の領域のデジタル画像を、無散瞳で、わずか0.4秒で取得できます。網膜画像で診断できる多くの疾病の早期発見、患者様への説明に使用します。

Constellation®Alcon
(白内障手術・硝子体手術装置)


一台で白内障手術と硝子体手術の機能を有する最上級モデルの手術装置です。当院では、日帰りで可能な硝子体手術も行っております(黄斑上膜・円孔、硝子体出血、網膜剥離など)。

Ellex Tango
(ヤグレーザー)

タンゴオフサルミックレーザーは高度なレーザー治療に対応できる2波長のレーザーを供給し、最新の緑内障レーザー治療(SLT)にも対応できます。正確なフォーカスと低いエネルギーで安定した光破壊を実現した最上級モデル。

MC-500 Vixi(multi colorパターンレーザ光凝固装置)

パターンレーザ光凝固装置で、短時間に多数のスポット照射が行えるため治療時間の短縮が図れ、患者様の疼痛も軽減できます。網膜光凝固が効率的に行える最新鋭の光凝固装置です。

Fortas® AP CV-3000
(白内障手術・硝子体手術装置)


一台で白内障手術と硝子体手術の機能を有する手術装置です。手術装置を2機運用することで、安心安全に手術を施行することが出出来ています。

OPMI Lumera (S88 )
(手術顕微鏡)


あらゆる眼科手術に適したCarl Zeiss社製の手術顕微鏡です。

KR-1W
(波面収差解析)


従来のレフラクトメータ/ケラトメータに加え、ハルトマン・シャックセンサーか眼球収差情報と、トポグラファーから角膜収差情報を取得します。不正乱視の検出、他覚的な見え方の評価、IOL選択時のサポート、などが行える多機能型屈折検眼装置。視機能をさまざまな角度から解析を行い、先端眼科診療のニーズに対応します。

OA-2000
(光学式眼軸長測定機器)


白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく一度に測定します。
近視進行は眼軸長の変化をフォローすることが必要です。OA-2000は最新のフーリエドメイン方式の測定機器で、高速で正確に走査が可能な為、小児の測定も容易です。

OCT Triton
(3次元眼底像解析装置)


スウェプトソース方式のOCTは、眼底疾患の診断に必要な種々の撮影機能を備えています。高画質OCT Angiographyシステムは、トプコン独自のアルゴリズムOCT Angiography Ratio Analysis = OCTARATM を搭載し、脈絡膜レベルの血流まで高感度、高侵達に画像化します。

Binoptometer® 4P
(多機能視機能検査装置


遠方から近方まで、全距離の視力を評価できます。視標のコントラストを変えることで、多焦点眼内レンズ挿入眼、多焦点コンタクトレンズ装用眼の微妙な視機能の違いが描出可能です。

SP-1P
(角膜内皮細胞検査装置)


中心と隣接する耳側・鼻側の3カ所の撮影・解析結果を結合し、中心パノラマ画像を表示することができます。中心パノラマ撮影を行うことで、解析細胞数が増しバラツキも少なくなる為、細胞密度など信頼性の高い算出結果を得られます。

SPOT™ Vision Screener (屈折機能検査装置)

スポット ビジョンスクリーナーは、6カ月の乳幼児から大人までの、視機能を(近視、遠視、乱視、不同視、瞳孔不同など)、迅速に、かつ正確に検知可能です。3歳児検診や小学校の検診にも使用しています。

トノレフⅡ
(眼圧・屈折検査装置)


眼の他覚的屈折、角膜の屈折、眼圧を1台で計測出来るため、患者様の移動負担を軽減します。

Humphry Field Analyzer 3 (静的視野検査装置)

静的視野検査を測定する機器です。緑内障などの視野に変化が起きる疾患のフォローに用います。

ゴールドマン型ペリメーターinami (動的視野検査装置)

見える光が移動するため、動的視野検査といわれる視野検査装置です。静的視野検査に比べ、広い範囲の視野を測定出来ます。重度の緑内障、頭蓋内疾患を疑う時にも用います。

Handlex
(オゾン水手洗い装置


アルコール消毒で流行性角結膜炎の原因ウイルスなどは完全に死滅しない為、医師とスタッフはオゾン水で手洗いを行っております。開業以来、院内感染ゼロ!

VX40
(レンズマッピングシステム


ウェーブフロントテクノロジーに基づく全自動レンズマッピングシステムを用いて、眼鏡の度数分布チェックが出来ます。

MC-3
(視力検査装置)

省スペースで視力を測定できるため、検査者は測定者のすぐ隣でコミュニケーションを取りながら検査をすることが出来ます。

Cff Test Apparatus
(視神経検査装置)


視神経疾患のスクリーニングに使います。中心フリッカー値(CFF)はonとoffの不連続光のちらつきを感じなくなる頻度(周波数)を表します。視神経炎ではCFFが何よりも鋭敏で発症ごく初期でも視力に先立ってCFFが低下します。

Hess赤緑試験装置
(眼位ズレ測定装置)

斜視(眼位ズレ)の有無、種類、程度を評価する検査法です。

Aモード US-1800
超音波眼軸長/角膜厚測定装置

超音波式の眼軸長測定機器です。光学式眼軸長測定装置(OA-2000)で測定困難な光が透過しにくい症例(濁りの強い白内障など)の眼軸長測定に必要です。

Infinity Alcom
水晶体乳化吸引装置

白内障手術に用いる装置です。当院ではFortasのバックアップ機として準備しています。

BSM2301
ベッドサイドモニター


手術中の全身状態をチェックしています。