手術について

手術は副院長の二宮欣彦医師が担当しています。行岡病院の眼科部長(現職)でもある欣彦医師は、年間約1200~1300眼(通算で2万5千眼以上)の白内障手術に携わっており、難易度の高い白内障手術、多焦点眼内レンズやトーリック眼内レンズを用いたプレミアム白内障手術(先進医療認定施設)、眼内レンズ逢着術、また眼底出血など眼底疾患と白内障の同時手術も数多く手掛けています。故やしきたかじんさんの白内障手術も、欣彦医師が担当致しました。

伊丹中央眼科では、黄斑円孔、黄斑上膜、硝子体出血など日帰りで可能な網膜硝子体手術も行っています。入院が必要な場合は、近畿中央病院、大阪大学附属病院、兵庫県立尼崎総合医療センター、行岡病院などにご紹介しています。

さゆり医師は麻酔科標榜医の資格があり、術中の身体変化に対応しております。